糖尿病 壊死

糖尿病による壊死とは

糖尿病ってこわいですねー、食事制限がきびしいとか、しょっちゅう喉が渇くので水をいつも持って歩くとか、
そして性的不能になるとかは聞いていましたが、知人の親族に糖尿病で入院していた人が、片足を切断する手術だと聞いてビックリしました。
足が壊死したので切断したそうですが、あと片方も糖尿病が改善しないと病状が悪化して壊死するのだそうです。チョット数年前まで元気だったのに、両足共に切断するなんて!食事制限とかは普通に聞くし、喉が渇いたら水を飲めばイイと、そして性的不能にはバイアグラがある、なんて簡単に考えていましたが・・、糖尿病で足が壊死して切断とはショックな出来事でした。心配なので糖尿病のこと壊死のこと調べてみました。

 

糖尿病で壊死ってなに?

 

糖尿病とはインスリンが足りなくなったり、うまく作用しなくなって、ブドウ糖が血液の中に溢れてしまう病気だそうです。
インスリンは血糖を下げるホルモンで、血糖が上がらないように調整する働きがあるそうです。
糖尿病には、膵臓のインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が不足して起こる1型糖尿病と、
食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い2型糖尿病、そして、遺伝子の異常や肝臓・脾臓の病気などが原因のものと妊娠糖尿病と言われるのがあるそうです。日本の糖尿病の95%以上は2型糖尿病だそうですよ。食事と運動は大切なんですね。

 

糖尿病性壊疽(えそ)という、糖尿病によって引き起こされる合併症があります。
足の傷等から細菌が感染して化膿することから、皮膚から皮下組織の細胞が死んで腐って壊死してしまう病気です。
糖尿病によって足の細胞が壊死して、足や足の指などを切断するケースは身近にあります。でも、早期発見して治療すれば治りやすいそうです。
怖いですねー、粗食と運動で糖尿病にならないようにしましょう!


スポンサードリンク