raid5 復旧

raid5における復旧

 

みなさまraidという言葉をご存知でしょうか?情報の大容量化により、ハードディスクなどの媒体が活躍していますが、raidとは複数代のハードディスク等の記憶装置に対して、データを分散させ、信頼性が高く、かつ高速のディスク装置を実現するための装置なのです。

 

そのraidには幾つか種類があるのですが、そのなかでもraid5が、今のraidにおける主流となっています。

 

raid5とは、3台以上のハードディスクで構成し、エラー検出のための目印を複数台全てのディスクに分散させて記録させるものです。

 

raud5では、一台のディスクが故障しても、他のディスクで壊れたディスクの内容を復旧させることができるため、ディスク使用台数が増えれば増えるほどディスクの利用効率が高くなります。

 

しかし、書き込み時における高速性が期待できない、2つ以上のドライブが同時に故障すると復旧ができない、生涯発生時の復旧作業が遅い、CPUの負担が大きい、専用チップを搭載するため一般的に高価(3万〜程度)、などといった短所もraid5は持ち合わせています。

 

 

raid5の復旧時における誤り

 

raid5復旧時における誤りにはいくつかあり、故障したハードディスクの変わりに誤って正常なディスクを取り替えてしまうこと(しかし誤りがこの状態であれば、データ復旧ツールのfile Scavengerであれば復旧可能)や、復旧時に誤ったディスク数が指定されることも誤りの一つです。 raid5で使用されているディスクの数は、raid5のディスク数=(raidの論理ディスクサイズ/個々の物理ディスクサイズ)+1として算出できます。

 

また、raid5の初期化が実行されてしまったり、復旧カテイが人的エラーや停電などで中断されてしまったりしたときもエラーとなってしまうので用心が必要です。

 

異常のエラーがでてしまったときでも、専門のプロの業者に委託することによってraid5のデータが復旧することもあるようですので、一つ相談してみるといいと思います。


スポンサードリンク