パイロット シャープペン

パイロット シャープペン

シャープペンシルを始めて手にしたのは小学校の時でした、いつもは怖そうな祖父がニコニコしながらシャープペンシルを入学式の日にプレゼントしてくれたのを懐かしく思い出します。

 

小学生には勿体ないような製品だったと思いますが、孫の小学校入学がよっぽど嬉しかったのでしょうねー。

 

小学校では鉛筆を使用していたので、祖父からもらったパイロットのシャープペンは、机に入ったままでしたが。

 

今でも、協議用、製図用、レポート用など目的に応じてパイロットのシャープペンを使い分けていますから、もう何年パイロットのシャープペンのお世話になっているでしょう。

 

 

シャープペン派と鉛筆派どっちですか?

 

シャープペンと鉛筆とどっちが好きですか、シャープペンの長所は鉛筆のように芯を削らなくて良いところで、

 

そして欠点は芯が詰まることと芯が折れることですねー、さすがのパイロットも芯詰りと芯折れはありますから。

 

鉛筆は芯が折れにくい安心感と手に馴染む重さで、筆記スピードは速いですが、すぐ芯が潰れるのが欠点です。

 

長時間連続して筆記しても、筆記スピードを落とさないで、かつ手が疲れないシャープペンを探しています。
パイロットのシャープペンにはどんなのがある?

 

特徴的なのは、残り芯を使い切るタイプ・一般事務から製図までの汎用タイプ・握りやすいタイプ・

 

手帳用筆記具タイプ・首や肩や腕にやさしいタイプ・振るだけで芯が出るタイプ・

 

携帯用のミニタイプ・持ち替え不要のサイドノックタイプなどパイロットお奨めのシャープペンがあります。

 

まず、パイロットのHPからシャープペンの特徴と名前をネット上で確認してお店に行きます、お店でいきなり選ぶと時間を浪費してしまいますので。

 

お店では、HPで調べたシャープペンを実際に使って筆記して、自分の筆記感覚を確認すればお店で短時間にシャープペンを選べます。自分用の筆記具を持つのは大切だと思います。


スポンサードリンク