パノラマカー 廃車

パノラマカー 廃車

名鉄のパノラマカーが廃車になったそうですね、知りませんでした、何の機会か忘れましたが昔乗車した思いでがあります、

 

前方が二階建形式になっていて眺めが良いんですよねー、東京の小田急線のロマンスカーや日光の東照宮に行く時乗った電車と似ていたような気もしますが、

 

もう今では良く覚えていません。

 

そうですかー、パノラマカーが廃車ですかー

 

真っ赤な車体で、新幹線とは違ったカッコイイスタイルだった記憶があります。

 

ほとんど忘れていたパノラマカーでも廃車と聞くと、気になりますよねー、パノラマカーのこと少し調べてみました。

 

廃車や廃線が近づくとカメラを持って殺到する鉄道マニアとまではいきませんが、鉄道は良いですよねー。

 

 

 

 

パノラマカーのいろいろ!

 

パノラマカーは廃車になりますが、今後懐かしむことはできそうです。

 

そもそも前面展望車両としては日本初だったんですね、電車の名称は名鉄7000系「パノラマカー」だそうです。

 

昭和36年5月に初めて6両編成3本でビューだから47年前ですか、映画の三丁目の夕日くらいの時代ですね、鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞したそうです。

 

これは、廃車になる前にもう一度乗車しに行きたくなりました。

 

名古屋鉄道のHPでは、平成21年度中に引退する予定となっています。

 

今年の6月29日(日)のダイヤ改正以降は4両組成×3編成に減少したんですねー、

 

ダイヤ改正後は(普通日)は上りで1日14本運行、下りで1日10本運行、

 

(土、休日)は上りで1日9本運行。下りで1日9本運行でした。

 

只、検査などで別の車両や両数で運行する時もあるそうです。

 

面白いのは、パノラマカーの7000系の3両が中京競馬場で「パノラマステーション」として保存されているそうですよ。

 

周辺にはホームやベンチなどの施設が整備されていて、車内も休憩室やビュッフェとして活用されているそうです。

 

電車が廃車になっても、ここに来れば見ることが出来ますね、走る姿じゃないけど。


スポンサードリンク